ILO駐日事務所

  1. 『仕事の未来に向けたILO創設100周年記念宣言』 ~人間中心の仕事の未来のためのロードマップ

    仕事の世界は、技術革新や少子高齢化の進行、気候変動、グローバル化によって大きく変化しています。これらの課題に対応するため、創設100周年を記念して『仕事の未来に向けたILO創設100周年記念宣言』が2019年の第108回ILO総会で採択されました。

国際労働基準

  1. 国際労働基準・日本の批准状況(英)

  2. ビジネスのためのヘルプデスク

    労働CSR、サプライチェーン管理に関する労働分野の課題について役立つ情報を提供。

ハイライト

  1. 2019年国連総会

    国連総会が仕事の未来に向けたILO創設100周年記念宣言を承認 

  2. ILOと東京2020組織委員会との協力について

    東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を前に、ILOと東京2020組織委員会は社会的責任ある労働慣行の促進に向けた合意書を締結しました。2017年より開催されたサステナビリティ・フォーラム報告書など、詳細についてはこちらをご参照ください。

  3. プロジェクト紹介

    『アジアにおける責任あるサプライチェーン』(日本)

    本プロジェクトでは、多国籍企業とそのサプライチェーンの活動において責任ある企業慣行の推進を目指しています。アジアの6か国で実施され、日本では電子業界と自動車部品業界のサプライチェーンを有する多国籍企業の経験の共有と好事例の展開に取り組みます。本プロジェクトは、欧州連合(EU)のパートナーシッププログラムにより、EUとILOが共同で資金拠出して実施されます。詳しくは、》 こちらをご参照ください。

  4. ILO社会的金融プログラムについて

    『ILO社会的金融プログラム』2018年年次報告書(日本語版)

    ILO社会的金融プログラムは社会正義の実現のため、より良い雇用の推進とワーキングプアの脆弱性の軽減に焦点をあてた、社会的弱者のための金融サービス提供を支援しています。報告書では日本の労働金庫(ろうきん)モデルが金融包摂の事例として挙げられています。この度日本語版が完成しましたので、ぜひこちらより、ご覧ください。