刊行物・資料

  1. 世界の雇用及び社会の見通し(WESO)動向編2020年版・エグゼクティブサマリー

    2020/01/20

    ILOの定期刊行物 「World employment and social outlook (WESO) - Trends 2020」の概要の日本語訳です。

  2. 仕事の世界における暴力とハラスメント

    2019/12/24

    暴力とハラスメント根絶に向けた国際労働基準

  3. 日本、マレーシア、シンガポール、タイの移民労働者に対する一般の人々の姿勢・エグゼクティブサマリー

    2019/12/18

    ILO/UN Womenが発表した移民労働者に対する一般の人々の意識についてまとめた調査の概要の日本語訳です。

  4. グローバル・サプライチェーンにおける児童労働、強制労働、人身取引に終止符を:エグゼクティブサマリー

    2019/11/12

    8.7 連合の力強い支援を得て、同連合の参加組織であるILO、経済協力開発機構(OECD)、国際移住機関(IOM)、国連児童基金(UNICEF)が共同で行ったグローバル・サプライチェーンにおける児童労働、強制労働および人身取引に関する調査報告書の概要の日本語訳です。

  5. 国際労働機関 グローバル社会政策の100年

    2019/10/29

    著者ダニエル・マウルは、ILO100年の歴史全体を3つの視点から分析し、ILOの目標と原則が政治的、学術的議論をどのように方向づけてきたか、さらにILOによる調査、技術協力、国際労働基準の設定と監視が、多くの国の社会改革にいかに貢献してきたかを説明する。

  6. 『ILO社会的金融プログラム』2018年年次報告書

    2019/07/30

    社会的金融プログラムは社会正義の実現のため、より良い雇用の推進とワーキングプアの脆弱性の軽減に焦点をあてた、社会的弱者のための金融サービス提供を支援しています。報告書では日本の労働金庫(ろうきん)モデルが金融包摂の事例として挙げられています。

  7. 仕事の未来に向けたILO創設100周年記念宣言

    2019/06/26

  8. 公正な人材募集・斡旋に関する一般原則及び実務指針ならびに募集・斡旋手数料及び関連費用の定義

    2019/05/22

    本書は国際労働基準や関連するILO文書などを参照して作成された。公正な人材募集と斡旋を促進するため、移民労働者を含め、すべての労働者を対象とし、人材派遣会社を通じた募集・斡旋にも適用される一般原則と実務指針がまとめられている。

  9. ACCEL(アクセル)アフリカプロジェクト:アフリカにおける児童労働撲滅の促進

    2019/05/11

  10. 仕事の未来の中心にある安全と健康:土台となる100年の経験

    2019/04/18

    2019年に創設100周年を迎えたILOの、労働安全衛生分野で果たしてきた役割と、現在進んでいる変化への対応、さらに安全で健康的な仕事の未来を確保するための課題を考察する。(一部英語の原文のままのところがあります。)