世界の雇用及び社会の見通し 動向編 2023年版

世界の労働市場の見通しは2022年の間に著しく悪化しました。本書ではその動向を踏まえ、生産性の向上が減速する中で、生活水準と労働の質の格差の縮小が止まりつつあると報告しています。