世界社会正義の日

2020年の世界社会正義の日(2月20日)を記念してソーシャルメディア・キャンペーンを開始

記者発表 | 2020/02/19
動画見本

 2019年の第108回ILO総会で採択された「仕事の未来に向けたILO創設100周年記念宣言」は、全ての人のためになる未来の構築を望むならば、経済政策、社会政策、環境政策を策定する際に人を中心に置くことを提唱しています。世界平和の基盤として社会正義の促進を使命に掲げ、2008年の総会で「公正なグローバル化のための社会正義に関する宣言」を採択しているILOでは、社会正義を達成し、不平等に取り組み、貧困を削減し、気候変動に対処する唯一の道は、人と地球を第一にすることであると考えています。

 2020年の世界社会正義の日(2月20日)に際し、どうしてそうすべきか、同意して頂ける方々の意見を募るソーシャルメディア・キャンペーンを開始します。#MyFutureOurPlanetのハッシュタグを用いて長さ10秒の動画に意見を録画し、ツイッターやフェイスブックなどに投稿して下さい。そして誰か3人にタグ付けし、同じように投稿してくれるよう頼んで下さい。キャンペーンは、世界環境デーであり、今年のILO総会の最終日でもある6月5日まで続けられます。最も優れた動画はILO総会で参加者の目につくところで流すと共に会場で毎日放送されるデイリー・ライブショーでも取り上げます。

◎動画メッセージの例

  • 私の仕事は地球にとっても経済にとっても良いものであって欲しいです。
  • 仕事を守るか地球を守るか二者択一すべきではありません。
  • 人と地球がなければ、グローバル経済もありません。
  • 新たな形態のエネルギーは、金にもなれば、雇用も創出し、地球を守ることもできます。
  • この二つを守るために行動しなかった場合、私たち皆の未来が危険にさらされます。
  • 自分の子供たちが懸念なく計画を立てられるような未来になって欲しいです。
  • 今地球を守れば、次の世代の未来を確保することになります。
  • 地球を救うことは、仕事を、より良い仕事を生み出すことです。

◎投稿文の例

  • #socialjusticedayに際し、#MyFutureOurPlanetに向けて声を上げてみました。
  • 人と地球を守る#socialjusticeを伴った仕事の未来を希望します。#MyFutureOurPlanet
  • #socialjusticeを伴った世界は、不平等や貧困、気候変動といった問題に取り組む世界です。それが#MyFutureOurPlanetです。
  • 私の仕事の未来は経済成長を助け、社会正義を増大させ、#MyFutureOurPlanetを確保するようなものであることを望みます。

 以上はジュネーブ発英文記者発表の抄訳です。