2002年の職業病の一覧表勧告(第194号)

ILO勧告 | 2002/06/20

職業病の一覧表並びに職業上の事故及び疾病の記録及び届出に関する勧告(第194号)

 国際労働機関の総会は、
理事会によりジュネーブに招集されて、二千二年六月三日にその第九十回会期として会合し、
千九百八十一年の職業上の安全及び健康に関する条約及び千九百八十一年の職業上の安全及び健康に関する勧告並びに千九百八十五年の職業衛生機関条約及び千九百八十五年の職業衛生機関勧告の規定に留意し、
千九百六十四年の業務災害給付条約に附属する千九百八十年に改正された職業病の一覧表にも留意し、
職業上の事故及び疾病の原因を特定し、予防措置を確立し、記録及び届出制度の調和を促進し並びに職業上の事故及び職業上の疾病の場合の補償の手続を改善するため、職業上の事故及び疾病の確認、記録及び届出の手続を強化することが必要であることを考慮し、
職業病の一覧表を最新のものにするための簡素化された手続の必要性を考慮し、
前記の会期の議事日程の第五議題である職業上の事故及び疾病の記録及び届出並びに職業病の一覧表の定期的な検討及び最新のものにすることに関する提案の採択を決定し、
その提案が勧告の形式をとるべきであることを決定して、
次の勧告(引用に際しては、二千二年の職業病の一覧表勧告と称することができる。)を二千二年六月二十日に採択する。
1 職業上の事故及び疾病の記録及び届出のための制度の確立、検討及び適用において、権限のある機関は、千九百六十六年の職業上の事故及び疾病の記録及び届出に関する実施基準及び国際労働機関が将来承認するこの問題に関するその他の実施基準又は手引書を考慮すべきである。
2 予防、記録、届出及び適用可能な場合には補償を行うための国の職業病の一覧表が、権限のある機関により、最も代表的な使用者団体及び労働者団体と協議の上、国内の事情及び慣行に適する方法によって、かつ、必要がある場合には、段階的に、確定されるべきである。この一覧表には、次のことを含むべきである。
 (a) 予防、記録、届出及び補償のために、少なくとも千九百六十四年の業務災害給付条約の、千九百八十年に改正された付表Iに掲げる疾病
 (b) できる限り、この勧告に附属する職業病の一覧表に含まれるその他の職業上の疾病
 (c) できる限り、「職業病の疑いがあるもの」の部門
3 この勧告に附属する職業病の一覧表は、理事会に招集される専門家の三者会合を通じて定期的に検討され及び最新のものにされるべきである。これにより確定された新たな一覧表は、その承認を受けるため理事会に提出され並びに承認されたときには従来の一覧表に代わり及び国際労働機関の加盟国に通知される。
4 国の職業病の一覧表は、3に従って確定された最新の一覧表に十分な考慮を払って、検討され及び最新のものにされるべきである。
5 加盟国は、この勧告に附属する職業病の一覧表の定期的な検討及び最新のものにすることを促進するため、国の職業病の一覧表が確定され又は最新のものにされた場合には直ちに、国際労働事務局に通知すべきである。
6 加盟国は、職業上の事故及び疾病並びに適当な場合には危険な事故及び通勤に係る事故に関する詳細な統計を、この統計の国際的な交換及び比較を促進するために、国際労働事務局に毎年提供すべきである。

附属書

職業病の一覧表(2010年改正)
(本表の適用に際しては、必要に応じ、ばく露の度合い及び種類並びにばく露の危険を特に伴う業務または職業について配慮すべきである。)

1 作業活動から生じた有害因子へのばく露による職業性疾患

1.1 化学的因子による疾病
1.1.1 ベリリウム又はその化合物による疾病
1.1.2 カドミウム又はその化合物による疾病
1.1.3 燐又はその化合物による疾病
1.1.4 クロム又はその化合物による疾病
1.1.5 マンガン又はその化合物による疾病
1.1.6 砒素又はその化合物による疾病
1.1.7 水銀又はその化合物による疾病
1.1.8 鉛又はその化合物による疾病
1.1.9 弗素又はその化合物による疾病
1.1.10 二硫化炭素による疾病
1.1.11 脂肪族又は芳香族の炭化水素のハロゲン誘導体による疾病
1.1.12 ベンゼン又はその同族体による疾病
1.1.13 ベンゼン又はその同族体のニトロ誘導体及び毒性アミノ誘導体による疾病
1.1.14 ニトログリセリンその他硝酸エステルによる疾病
1.1.15 アルコール、グリコール又はケトンによる疾病
1.1.16 一酸化炭素、硫化水素、シアン化水素又はその誘導体などの窒息性物質による疾病
1.1.17 アクリロニトリルによる疾病
1.1.18 窒素酸化物による疾病
1.1.19 バナジウム又はその化合物による疾病
1.1.20 アンチモン又はその化合物による疾病
1.1.21 ヘキサンによる疾病
1.1.22 無機酸による疾病
1.1.23 薬剤による疾病
1.1.24 ニッケル又はその化合物による疾病
1.1.25 タリウム又はその化合物による疾病
1.1.26 オスミウム又はその化合物による疾病
1.1.27 セレニウム又はその化合物による疾病
1.1.28 銅又はその化合物による疾病
1.1.29 白金又はその化合物による疾病
1.1.30 すず又はその化合物による疾病
1.1.31 亜鉛又はその化合物による疾病
1.1.32 ホスゲンによる疾病
1.1.33 ベンゾキノンなどの角膜刺激性物質による疾病
1.1.34 アンモニアによる疾病
1.1.35 イソシアン酸塩による疾病
1.1.36 農薬による疾病
1.1.37 硫黄酸化物による疾病
1.1.38 有機溶剤による疾病
1.1.39 ラテックスまたはラテックス含有製品による疾病
1.1.40 塩素による疾病
1.1.41 前記各項に掲げられていないその他の作業上の化学的因子による疾病で、作業活動から生じたこれらの化学的因子へのばく露と、労働者が罹患した疾病との直接的な因果関係が科学的に確立できるか、又は当該国の状況と慣行に照らし適切な方法で確定できるもの

1.2 物理的因子による疾病
1.2.1 騒音による聴覚障害
1.2.2 振動による疾病(筋肉、腱、骨、関節、末梢血管又は末梢神経の障害)
1.2.3 高圧空気又は減圧空気による疾病
1.2.4 電離放射線による疾病
1.2.5 レーザーを含む光学(紫外線、可視光線、赤外線)放射による疾病
1.2.6 極端な温度へのばく露による疾病
1.2.7 前記各項に掲げられていないその他の作業上の物理的因子による疾病で、作業活動から生じたこれらの物理的因子へのばく露と、労働者が罹患した疾病との直接的な因果関係が科学的に確立できるか、又は当該国の状況と慣行に照らし適切な方法で確定できるもの

1.3 生物学的因子及び感染症又は寄生虫症
1.3.1 ブルセラ病
1.3.2 肝炎ウイルス
1.3.3 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)
1.3.4 破傷風
1.3.5 結核
1.3.6 細菌性又は真菌性の汚染物質に関連した中毒性又は炎症性の症候群
1.3.7 炭疽
1.3.8 レプトスピラ症
1.3.9 前記各項に掲げられていないその他の作業上の生物学的因子による疾病で、作業活動から生じたこれらの生物学的因子へのばく露と、労働者が罹患した疾病との直接的な因果関係が科学的に確立できるか、又は当該国の状況と慣行に照らし適切な方法で確定できるもの

2 標的臓器別職業性疾患

2.1 呼吸器系疾患
2.1.1 繊維形成性の鉱物粉じんによるじん肺(けい肺、炭けい肺、石綿肺)
2.1.2 けい肺結核
2.1.3 繊維形成性でない鉱物粉じんによるじん肺
2.1.4 鉄沈着症
2.1.5 超硬合金の粉じんによる気管支肺疾患
2.1.6 綿(ビシノーシス)、亜麻、大麻、サイザル麻又はサトウキビ(サトウキビ肺症)の粉じんによる気管支肺疾患
2.1.7 作業工程におけるその存在が不可避な物質のうち、感作性物質又は刺激性物質として認められている物質によるぜん息
2.1.8 作業活動によって生じる有機粉じん又は微生物に汚染されたエアゾールの吸入による外因性アレルギー性肺胞炎
2.1.9 作業活動によって生じる炭じん、採石場の粉じん、木材粉じん、穀物及び農作業の粉じん、畜舎の粉じん、繊維じん、紙じんの吸入による慢性閉塞性肺疾患
2.1.10 アルミニウムによる肺疾患
2.1.11 作業工程におけるその存在が不可避な物質のうち、感作性物質又は刺激性物質として認められている物質による上気道障害
2.1.12 前記各項に掲げられていないその他の呼吸器系疾患で、作業活動から生じた危険要因へのばく露と、労働者が罹患した疾病との直接的な因果関係が科学的に確立できるか、又は当該国の状況と慣行に照らし適切な方法で確定できるもの

2.2 皮膚疾患
2.2.1 作業活動によって生じる既知のアレルギー惹起物質で、当一覧表の他の項目に含まれていないものによるアレルギー性接触皮膚炎及び接触じんましん
2.2.2 作業活動によって生じる既知の刺激性物質で、当一覧表の他の項目に含まれていないものによる刺激性接触皮膚炎
2.2.3 作業活動によって生じる既知の物質で、当一覧表の他の項目に含まれていないものによる白斑
2.2.4 当一覧表で他の項目に含まれていない作業上の物理的、化学的又は生物学的な因子によるその他の皮膚疾患で、作業活動によって生じる危険要因へのばく露と、労働者が罹患した皮膚疾患との直接的な因果関係が科学的に確立できるか、又は当該国の状況と慣行に照らし適切な方法で確定できるもの

2.3 筋骨格系障害
2.3.1 手首の反復動作、強度の労作及び極端な位置・姿勢によって生じる橈骨茎状突起腱鞘炎
2.3.2 手首の反復動作、強度の労作及び極端な位置・姿勢によって生じる手及び手首の慢性腱鞘炎
2.3.3 肘部の長時間にわたる圧迫によって生じる肘頭滑液包炎
2.3.4 長時間にわたる膝立ち(ひざまずき)姿勢によって生じる膝蓋前滑液包炎
2.3.5 強度の作業の反復によって生じる上顆炎
2.3.6 膝立ち(ひざまずき)姿勢又はしゃがんだ姿勢での長時間作業の後に生じた膝関節半月板損傷
2.3.7 強度の作業の反復、振動を伴う作業、手首の極端な位置・姿勢、又はこの三つの組み合わせを長期にわたって行ったことによる手根管症候群
2.3.8 前記各項に掲げられていないその他の筋骨格系疾患で、作業活動から生じた危険要因へのばく露と、労働者が罹患した筋骨格系疾患との直接的な因果関係が科学的に確立できるか、又は当該国の状況と慣行に照らし適切な方法で確定できるもの

2.4 精神障害及び行動障害
2.4.1 外傷後ストレス障害
2.4.2 前項に掲げられていないその他の精神障害又は行動障害で、作業活動から生じた危険要因へのばく露と、労働者が罹患した精神障害及び行動障害との直接的な因果関係が科学的に確立できるか、又は当該国の状況と慣行に照らし適切な方法で確定できるもの

3 職業上のがん

3.1 次の有害因子によるがん
3.1.1 石綿
3.1.2 ベンジジン及びその塩
3.1.3 ビス(クロロメチル)エーテル(BCME)
3.1.4 四価クロム化合物
3.1.5 コールタール、コールタールピッチ、すす
3.1.6 ベータ-ナフチルアミン
3.1.7 塩化ビニル
3.1.8 ベンゼン
3.1.9 ベンゼン又はその同族体の毒性ニトロ誘導体及び毒性アミノ誘導体
3.1.10 電離放射線
3.1.11 タール、ピッチ、瀝青、鉱物油、アントラセン又はこれらの物質の化合物、生成物若しくは残滓
3.1.12 コークス炉排出物
3.1.13 ニッケル化合物
3.1.14 木材粉じん
3.1.15 ヒ素及びその化合物
3.1.16 ベリリウム及びその化合物
3.1.17 カドミウム及びその化合物
3.1.18 エリオン沸石
3.1.19 酸化エチレン
3.1.20 B型肝炎ウイルス(HBV)及びC型肝炎ウイルス(HCV)
3.1.21 前記各項に掲げられていないその他の作業上の有害因子によるがんで、作業活動から生じたこれらの因子へのばく露と、労働者が罹患したがんとの直接的な因果関係が科学的に確立できるか、又は当該国の状況と慣行に照らし適切な方法で確定できるもの

4 その他の疾病

4.1 坑夫眼振

4.2 本表に掲げられていない職業又は一連の作業によって引き起こされたその他の特定の疾患で、作業活動から生じたばく露と、労働者が罹患した疾患との直接的な因果関係が科学的に確立できるか、又は当該国の状況と慣行に照らし適切な方法で確定できるもの