産業別会議

自動車産業の仕事の未来技術会合

自動車産業の仕事の未来技術会合PR動画(英語・1分40秒)
 デジタル革命は自動車の設計、生産、販売、修理、利用の仕方に変化をもたらしています。
 ILO部門別政策局のカスパー・N・エドモンズ採取産業・エネルギー・製造業ユニット長は、過去に多くの危機にさらされながらも、そのたびにより強くなって抜け出てきた自動車産業にとって、混乱は新しい話ではないとしつつも、しかしながら今回は、自動車産業の労働者と使用者の前途が多難であるように見えると述べています。
 組立部品が少なく、より環境に優しい運転ができる電気自動車は、自動車産業の形勢を一気に変えてしまうようなもう一つの革新的な要素です。
 「気候危機と新型コロナウイルス危機は、デジタルで環境に優しい自動車産業へと向かう歩みを加速させました。また、産業のディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)、そしてますます不確実な未来を渡っていくためにすべての労働者と使用者が必要な技能とに投資する明確な必要性も露わにしました」とエドモンズ・ユニット長は指摘しています。
 「仕事の未来に向けたILO創設100周年記念宣言」をロードマップに用いて、ILOは「自動車産業の仕事の未来に関する技術会合」を初めてバーチャル形式で開催しました。政府、使用者、労働者は、自動車産業に係わるすべての関係者のためになる未来を形作るため、技能開発、訓練、生涯学習に関するものを中心に、力強い結論と勧告の集合を採択しました。

 自動車産業は世界中で成長と発展、そして世界経済に多大に貢献しています。年間総売上高を国家経済と比較すると世界で6番目の大きさになります。日本も世界第3位の生産国です。この産業は資本集約的であり、革新的な取り組みを推進し、数百万人の生計を支える雇用の受け皿となっています。

 自動車の利用は同時に、大気汚染や温室効果ガス排出、自動車事故の主な原因となっており、産業が環境に与えている大きな負荷やサプライチェーン(供給網)の労働条件に関する懸念と合わせ、外部に対する負の影響を減じ、持続可能なディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の前進を図るようますます圧力がかけられています。

 自動車産業は今日、岐路に立っており、その未来はますます不確実になってきています。世界貿易の緊張や貿易制限の登場は近い将来の産業の成長をさらに害する恐れがあり、設計や製造方法の改良につながる急速な技術発展、運転システム・デジタル化の進行、消費者の嗜好の変化、持続可能性や気候変動に対する懸念の増大、規制上の圧力や規制措置は自動車産業を下支えする仕組みや構造を変化させ続けています。技術進歩やグローバル化、人口構造の変化や気候変動といった変化の推進要素は近年、産業に大きな変容をもたらし、新たな課題と機会を生み出しています。

 このような背景の下、労使代表各8人と関心のある全ての政府代表が参加して開かれたこの会議では、自動車産業に関わるすべての人々の教育、訓練、生涯学習に投資する緊急の必要性を指摘する結論文書が採択されました。

 討議のたたき台として準備された論点文書は3章構成を取り、第1章で産業構造や車両生産・売上高、国内総生産(GDP)や世界貿易、雇用への貢献といった自動車産業の現況を概観した上で、第2章で技術進歩、グローバル化、人口構造の変化、気候変動に焦点を当てて産業の変容を招くであろう大規模な趨勢と変化の推進要素について取り上げます。第3章では雇用、技能と生涯学習、社会的保護と労働条件、就労に関わる基本的な原則と権利、社会対話の各観点から持続可能なディーセント・ワークに向けた課題と機会を記しています。


詳しくは会議のウェブサイト(英語)へ---->
自動車産業の仕事の未来技術会合