地域会議

第16回ILOアジア太平洋地域会議

 ILOの地域会議は、アジア太平洋、米州、アフリカ、欧州の順で、原則として年に1つずつ、4年に一度の間隔で開催されています。2016年12月6~9日にインドネシアのバリで開かれた第16回アジア太平洋地域会議には、ILOアジア太平洋総局とアラブ総局が所轄する47カ国中37カ国から、過去4回で最も多い、大臣、副大臣24人を含む三者構成代表団(総会同様、政府代表2・労働者代表1・使用者代表1)約350人が出席して、2006年に韓国で開かれた第14回会議の際に宣言された「アジアにおけるディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の十年(2006~15年)」の終了に当たってその実施状況を振り返り、2015年に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」などを考慮に入れて、仕事の未来及び新たに登場しつつある課題について話し合い、この地域の持続可能な開発、雇用創出、社会正義を強化する可能性のある政策について検討を行い、包摂的な成長、社会正義、ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を促進するさらなる努力を域内政労使に呼びかけるバリ宣言を採択して閉幕しました。

 会議初日には「社会正義のための包摂的な成長」をテーマとするハイレベル対話が開かれました。1)アジア太平洋におけるディーセント・ワークの未来の構築を巡る動向と課題-仕事の創出、権利、公平に向けた政策、2)未来のための技能、3)包摂的で持続可能な成長のための社会対話の強化の三つの特別討議が全員参加で行われました。また、ILOの「多国籍企業及び社会政策に関する原則の三者宣言」のアジア太平洋における促進と適用に関する特別会議人材募集・斡旋に焦点を当てた公正な移住に関する説明会も開かれました。

 会議の議長として、インドネシアのハニフ・ダキリ労働力大臣、副議長として、バーレーンのジャミール・フマイダン労働・社会開発大臣(政府側)、インドネシア経営者協会(APINDO)のハリヤジ・スカムダニ氏(使用者側)、そして日本労働組合総連合会(連合)の逢見直人事務局長(労働者側)が選出されました。


詳しくは会議のウェブサイト(英語)へ---->

◎第16回ILOアジア太平洋地域会議

成果文書(英語)

記者発表その他広報資料(英語)

討議・背景資料(英語)

プログラム(英語)

参考資料(英語)