ILOの活動分野

新型コロナウイルス(COVID-19)と仕事の世界:世界的影響と政策提案

 ILOは新型コロナウイルスが世界の経済と労働市場に与えている影響を評価し、定期的に更新しています。また、影響を軽減し、人間を中心に据えた包摂的かつ持続可能で強靱な回復を支える政策提案を行っています。このページは英語ページの簡易版です。最新情報は英語ページをご覧ください。

影響分析とデータ

 ILOは新型コロナウイルスが仕事の世界に与えている影響を評価するモニタリング資料『ILO monitor: COVID-19 and the world of work』をこれまでに8回発表しています。2021年10月27日に発表した第8版では、2019年第4四半期比で見た2021年第3四半期の総実労働時間が、高所得国では3.6%減に留まるのに対し、低所得国では5.7%減、下位中所得国では7.3%減に上るといったように、主としてワクチン接種率と包括的財政刺激策における違いを理由とした先進国・途上国間の大きな差異の存在を指摘し、財政面及び技術面での具体的な支援がない場合、雇用回復傾向における格差が長く続く危険性を警告しています。

 モニタリング資料に掲載されている統計データは、ILO統計局のデータベースILOSTATで入手できます。

政策提案

 新型コロナウイルスは労働市場を未曾有の危機に陥れ、以前から存在していた問題の深刻化を招いています。この危機からのより良い立て直しを図るため、ILOは、1)経済・雇用の刺激、2)企業、雇用、収入の支援、3)職場における労働者の保護、4)社会対話に頼った解決策探求、の4本柱で構成される政策枠組みを提案しています。

◇背景

 2019年6月に開かれたILO総会で採択された「仕事の未来に向けたILO創設100周年記念宣言」は、「労働者の権利、そして全ての人々の必要性、願望、権利を、経済・社会・環境政策の中心に位置づけた、仕事の未来に向けた人間中心の取り組みをさらに発展させることで、憲章によって付託された社会正義の任務を、たゆまぬ力強さで」追求することをILOに求めています。→続き(英語)

◇ILOの提案する新型コロナウイルス危機対応の政策枠組み

 今回の危機は過去の危機とは全く異なり、ウイルス登場直後に導入された移動制限は、多大ではあるものの、主として幾つかの産業部門に限って影響を与えていたのに対し、ウイルスの流行を緩和するために採用された国土封鎖の影響は商売に対する当初の打撃を遙かに上回りました。→続き(英語)

◇柱1:経済・雇用の刺激(積極的財政政策/順応型金融政策/保健部門を含む特定産業部門に対する貸出・金融支援)

 新型コロナウイルス危機は労働市場の需給両面に影響を与えており、完全雇用とディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の確保という目標を大きく左右しています。危機はとりわけ、多くの世帯を貧困に陥れ、従来より存在していた不平等の拡大を招いています。→続き(英語)

◇柱2:企業、雇用、収入の支援(社会的保護を全ての人に拡大/雇用維持策の実施/企業に対する金融・税務その他の救済の提供)

 ウイルスの拡大を抑えようとの取り組みは、生産の流れを途絶えさせ、必要不可欠でない商品やサービスに対する需要の激減を招き、世界中の企業に業務の停止や規模縮小を強いています。→続き(英語)

◇柱3:職場における労働者の保護(労働安全衛生措置の強化/例えばテレワークなどを通じた働き方の適応/差別と排除の防止/保健医療を受ける機会を全ての人に提供/有給休暇の機会拡大)

 仕事や収入を失った人も多いものの、働き続けている人も多く、安全な業務遂行の確保が関係者共通の優先事項です。→続き(英語)

◇柱4:社会対話に頼った解決策探求(労使団体の能力と強靱性の強化/政府の能力強化/社会対話、団体交渉、労働関係に関わる制度・機構及び手続きの強化)

 過去の世界規模の危機から得られた教訓は、強いショックから生じた課題には政府だけでは対処できないことを示しています。→続き(英語)

◇結論

 新型コロナウイルスは世界中で拡大を続け、今後の道筋を予測するのは困難です。実施される保健医療政策、人道政策、社会・経済政策が、どれだけ迅速かつ力強い回復が望めるかを決めることになるでしょう。→続き(英語)

労働基準

 新型コロナウイルスに関連した国際労働基準の主な規定についてまとめました。

国連の対応

 新型コロナウイルス危機には国連諸機関が総力を結集して取り組んでいます。

労働統計

 ILO統計局は、新型コロナウイルスの労働市場に対する影響が一目で分かるように、労働時間や勤労所得の減少、職場閉鎖がみられる国の就業者数などのデータを集めると共に、データ収集に困難を感じている諸国向けの手引きなどをまとめました。