書籍

人間中心の経済学:国々の生活水準

この本は、社会的包摂、環境の持続可能性、人間およびシステムのレジリエンスに関して、経済の慢性的な不振を考察します。マクロ経済自体が、人工知能、気候変動等の不平等と混乱の時代に構造改革と再調整を必要とすると主張しています。

本書は、国家の富や生産力と同じくらい、中間家庭の生活水準が政策的注目と育成を受けるべきと提起します。人々の生活経験の進歩はGDP成長ではなく、労働、社会保護、金融、企業統治、競争、インフラ、環境保護、反腐敗、教育などの市場と機関の強さに依存します。

本書はこれらの制度的側面をマクロ経済理論の核心に統合し、生産機能の要因と同等に位置づけます。ほぼすべての国が「福祉ギャップ」を狭める政策スペースを持ち、それは成長の不振を減少させるのにも役立つことを示します。国際経済アーキテクチャの改革が提案され、それは社会と生物圏の支援に焦点を当て、2024年から2030年まで国際開発と気候金融を3倍に増やす「ルーズベルト合意」を含んでいます。