« 検索結果一覧に戻る  
窒素(液化)ICSC: 1199
3月 1999
CAS登録番号: 7727-37-9
国連番号: 1977
EINECS番号: 231-783-9

  一次災害 予防 消火活動
火災・爆発 不燃性。 加熱すると圧力が上昇し、破裂の危険性がある。        周辺の火災時には、適切な消火剤を使用する。   

   
  症状 予防 応急処置
吸入 窒息。 「注」参照。  換気を使用する。  新鮮な空気、安静。 人工呼吸が必要なことがある。 医療機関に連絡する。 
皮膚 液体に触れた場合:凍傷。  保温手袋。  凍傷の場合:多量の水で洗い流し、衣服は脱がせない。 医療機関に連絡する。 
痛み。 重度の熱傷。 他の症状については、「皮膚」参照。  安全ゴーグルを着用する。  数分間多量の水で洗い流し(できればコンタクトレンズをはずして)、医療機関に連絡する。 
経口摂取      

漏洩物処理 分類・表示
・換気
・液体に向けて水を噴射してはならない
・個人用保護具:自給式呼吸器付化学保護衣
 

国連GHS判定基準に準拠

 

輸送
国連分類
国連危険物分類(UN Hazard Class):2.2 

貯蔵
・建物内にある場合、耐火設備
・換気のよい部屋に保管
 
包装
・特別な断熱圧力容器 
窒素(液化) ICSC: 1199
物理学的・化学的情報

物理的状態;外観
無臭の 無色の きわめて 低温の液体。 

物理的危険性
気体は空気より重く、低くなった場所では、滞留して酸素欠乏を引き起こすことがある。 

化学的危険性
 

化学式: N2
分子量: 28.01
・沸点:-196℃
・融点:-210℃
・密度 (液体の沸点において):0.808 kg/l
・水への溶解度 : 溶けにくい 


暴露・健康への影響

曝露経路
体内への吸収経路:吸入。 

短期曝露の影響
液体は、凍傷を引き起こすことがある。 

吸入の危険性
容器を開放すると、閉ざされた場所では窒息の危険を生じる。 「注」参照。 

長期または反復曝露の影響
 


許容濃度
 

環境
 

・空気中の濃度が高いと、酸素の欠乏が起こり、意識喪失または死亡の危険を伴う
・区域内に入る前に酸素濃度を測定する 

付加情報
  欧州分類
 

ILO, WHOおよびEUは、翻訳の質や正確性、あるいは本翻訳版の使用に関して責任を負うものではない。
© 日本語版、国立医薬品食品衛生研究所、2018