国際開発学会第33回全国大会

「社会的連帯経済とILOの動向」 12月2日にイベント

ニュース記事 | 2022/11/30
イベント「社会的連帯経済(SSE)と国際労働機関・ILOの最近の動き」が12月2日午後6時から連合会館(東京都千代田区)であり、ILO企業局プログラム・マネジャーのシメル・エシムが報告します。

経済のグローバル化が進む中、SSEは格差や貧困の拡大に抗して主流の経済・生活活動に代わる、つながりを軸とした活動として注目されています。エシムは協同組合とSSEに関する活動を担当しており、特別講演(同時通訳あり)ではSSEとILOの最新動向について報告を行います。ILO駐日代表の高﨑真一も登壇し、議論に参加します。

イベントは12月3日、4日に開かれる国際開発学会第33回全国大会の一環で、オンライン、会場参加を組み合わせて開催。いずれの参加も無料で同1日午後5時までにお申し込みが必要です。プログラムなど詳細はこちらをご覧ください。