1996年の船員の賃金、労働時間及び船舶の定員勧告(第187号)

正 式 名 : 船員の賃金及び労働時間並びに船舶の定員に関する勧告
(第84回総会で1996年10月22日採択。最新の勧告)

勧告の主題別分類:船員 勧告のテーマ:船員

[ 概 要 ]
同時に採択された船員の労働時間及び船舶の定員条約(第180号)を補足する勧告。1958年の賃金、労働時間及び定員(海上)勧告(第109号)に代わるもので、船員の賃金について、時間外労働に対する補償、最低賃金、有能海員の1カ月あたりの最低基本給額等、賃金問題を包括的に扱う。
第10項に基づき、有能海員の1カ月当たりの最低基本給は以下の通り合同海事委員会の船員賃金小委員会で随時改訂されている。

設定機関 有能海員の1カ月
当たりの最低基本給
(米ドル)
発効日
第187号勧告 385 1995年1月1日

第28回合同海事委員会
(ジュネーブ・1996年10月22日)

435 1998年1月1日
第29回合同海事委員会
(ジュネーブ・2001年1月22~26日)
450 2002年1月
465 2003年1月
合同海事委員会船員賃金小委員会
(ジュネーブ・2003年7月5~8日)
500 2005年1月
合同海事委員会船員賃金小委員会
(ジュネーブ・2006年2月24~25日)
515 2007年1月1日
530 2008年1月1日
545 2008年12月31日
合同海事委員会船員賃金小委員会
(ジュネーブ・2011年4月26~27日)
555 2012年1月1日
568 2013年1月1日
585 2013年12月31日

 

■ 英語原文
■ 日本語訳文
■ 勧告一覧に戻る