1957年の週休(商業及び事務所)勧告(第103号)

正 式 名 : 商業及び事務所における週休に関する勧告
(第40回総会で1957年6月26日採択。現在でも通用する最新の勧告)

勧告の主題別分類:週休  勧告のテーマ:労働時間

[ 概 要 ]
同時に採択された同名の第106号条約を補足し、第106号条約実施の際の詳細のほか、第106号条約で24時間と規定されている週休を可能な限り中断されない36時間に引き上げること、18歳未満のものは可能な場合、2日の連続休暇を与えられるべきことなどといったより高度な保護を勧告する。
■ 英語原文
■ 日本語訳文
■ 勧告一覧に戻る