1958年の船内医療箱勧告(第105号)

正 式 名 : 船内医療箱の内容に関する勧告
(第41回総会で1958年5月13日採択。時代遅れの勧告)

勧告の主題別分類:安全衛生及び福祉  勧告のテーマ:船員

[ 概 要 ]
海洋航行に従事するすべての船について備えるべき医療箱の内容等について定めた勧告で、内容が時代遅れで、撤回されるべき勧告とされている。医療箱の内容については、その後、1987年の健康の保護及び医療(船員)条約(第164号)が採択されたが、同条約は海事分野の他のほとんどの条約と共に2006年の海上の労働に関する条約によって改正されている。
■ 英語原文
■ 日本語訳文
■ 勧告一覧に戻る