1946年の年少者健康検査(工業)条約(第77号)

正 式 名 : 工業における児童及び年少者の雇用適格のための健康検査に関する条約
(第29回総会で1946年10月9日採択。条約発効日:1950年12月29日。改正・統合の可能性につき、情報請求の対象となっているが、最新の条約)

日本の批准状況:未批准  ◆批准国一覧(英語)

条約の主題別分類:健康検査  条約のテーマ:児童労働の撤廃、児童及び年少者の保護

[ 概 要 ]
18歳未満の年少者を工業で使用するには、作業に適格であるとの健康検査結果が必要とする条約。
船員については1921年に採択された年少者体格検査(海上)条約(第16号)、非工業的業務については同時に採択された年少者健康検査(非工業的業務)条約(第78号)、坑内労働については1965年の年少者健康診断(坑内労働)条約(第124号)があり、それぞれ年少者の就業の際の健康検査について定めている。同時に採択された年少者健康検査勧告(第79号)は第77号条約及び第78号条約を補足する。
■ 英語原文
■ 日本語訳文
■ 条約一覧に戻る