1958年の賃金、労働時間及び定員(海上)改正条約(第109号)

正 式 名 : 賃金、船内労働時間及び定員に関する条約(1958年の改正条約)
(第41回総会で1958年5月14日採択。未発効のまま改正された時代遅れの条約)

日本の批准状況:未批准 ◆批准国一覧(英語)

条約の主題別分類:労働条件  条約のテーマ:船員

[ 概 要 ]
本条約は、船員の賃金、船内労働時間、定員に関する条約(第57号第76号第93号)を改正するものであり、賃金、船内労働時間、船舶の定員を定めている。条約の実施は法令、船舶所有者と船員の間の労働協約、またはその組み合わせにより行うことができるとされている。条約を補足する賃金、労働時間及び定員(海上)に関する勧告(第109号)が同時に採択されている。
未発効のまま、1996年の船員の労働時間及び船舶の船上定員条約(第180号)及び2006年の海上の労働に関する条約により改正された。
■ 英語原文
■ 日本語訳文
■ 条約一覧に戻る