ウズベキスタンの児童・強制労働

ウズベキスタンの2021年綿花収穫モニタリング結果を間もなく発表:組織的な児童労働・強制労働の問題はほぼ解消

記者発表 | 2022/03/01

 ILOは世界銀行との合意に基づき、2015年からウズベキスタン綿花収穫における児童労働・強制労働のモニタリングを実施してきましたが、間もなく発表される2021年収穫期の第三者モニタリング結果によれば、収穫作業従事者の99%が自発的に従事したとされます。綿花部門の改革が進められたこの7年間で、推定200万人の児童労働者、50万人の強制労働被害者が救い出されたと見られます。

 綿花摘みに従事する1万1,000人への面談を基にまとめられた近刊書『2021 ILO third-party monitoring report of the cotton harvest in Uzbekistan(ウズベキスタンの2021年綿花収穫期第三者モニタリングILO報告・英語)』は、どの州・地区でも強制労働はほとんどあるいは全く見られなかったと報告しています。直接の強要あるいは強要と認識されるものを受けた約1%の回答者のうち、0.47%は社会給付に関連する脅迫を地域共同体レベルの地元役人であるマハッラ代表から受けたとし、0.12%は雇用や賃金の喪失に関連した脅迫を使用者から受けたと回答しています。

 面談に応じた綿花摘み作業従事者の大半が2020年より労働条件が向上したと回答していますが、わずか5%ながら、交通や食事、水、衛生、その他の施設に関連し、前年より条件が悪化したと報告する回答者も存在します。

 報告書によれば、世界第6位の木綿生産国であるウズベキスタンでは生産年齢人口の8人に1人が綿花収穫に参加するという世界最大の労働力募集努力が見られます。作業従事者の62%を女性が占め、大半が非都市部の出身です。

賃金と強制労働比率の相関図(2015~2021年収穫期)

 ガイ・ライダーILO事務局長は、協力体制開始から7年後の今年の報告書が、ウズベキスタンの綿産業が組織的な強制労働・児童労働から自由な状況を示すことについて、「協力体制が生んだ好結果」と評価し、「今こそウズベキスタンには、バリューチェーン(価値連鎖)遡上の目標をかなえ、繊維・衣料製造業における数百万人分の働きがいのある人間らしいフルタイムの仕事を創出する機会」が開かれていると指摘しています。

 シャフカット・ミルジヨーエフ大統領主導の下、同国はかつては年例の綿花収穫において幅広く見られた児童労働・強制労働の根絶、旧農業経済モデルの近代化などの改革に乗り出しました。

 強制労働・人身取引対策全国委員会の長を務めるタンジラ・ナルバエワ・ウズベキスタン上院議長は、次のように説明します。「私たちは人民と経済に利するようにこの改革を進めました。出発点は木綿生産に対する国家命令制度の廃止でしたが、そこで立ち止まらず、労働者の権利に関する啓発キャンペーンを通じて考え方と態度を変えるためにたゆみなく働き、児童労働と強制労働の罪を設け、労働監督制度の向上を図り、共通の地歩と解決策を特定するために市民社会との対話に従事しました」。

 ILO第三者モニタリング・プロジェクトのジョナス・アストラップ主任技術顧問は、モニタリング活動に従事した人々は今回、ウズベキスタンの労働市場の民主化を指し示す新たな展開を観測したとして次のように報告しています。「今回初めて、政府のみならず、ウズベキスタンの労働組合及び使用者と最低賃金の協議が行われました。草の根レベルの団体交渉誕生の傾向も観測されています。綿花摘み作業に従事する人々は、農家や繊維産業集積との非公式な賃金交渉に従事するようになり、その結果、多くの従事者に最低賃金を遙かに上回る賃金が支払われました」。

 数年前からILOに協力して綿花収穫におけるモニタリングに従事してきた独立人権活動家のシュクラト・ガニエフさんは、「ウズベキスタンの人民にはまともな賃金と良い労働条件を伴う仕事が必要」として、「私たちは働きがいのある人間らしい仕事の創出に重点を移す必要があります。そこに至るには、国際的なブランドや小売業者にウズベキスタンからの責任ある調達に従事してもらう必要があります」と指摘しています。

 欧州連合(EU)、米国国務省、スイス政府、ドイツの支援を受けて実施されてきたILOの第三者モニタリング・プロジェクトは今年5月で終了します。そこで、ウズベキスタンの政府及び労使団体の要請により、ILOと世界銀行グループの共同事業である「ベターワーク(より良い仕事)計画」の実現可能性調査が行われる予定になっています。

 『ウズベキスタンの2021年綿花収穫期第三者モニタリングILO報告(英語)』は、2022年3月29日に公表されます。


 以上はジュネーブ発英文記者発表の抄訳です。