新刊:技能開発

ILO/UNESCO/世界銀行新刊:新型コロナウイルスの世界的大流行によって阻まれる職業訓練

記者発表 | 2021/02/01
報告書の内容を紹介するILO/UNESCO/世界銀行共催新型コロナウイルスの時代における技術・職業教育訓練と技能開発オンラインセミナー模様(2021年2月1日・英語・1時間45分48秒)

 ILOは国連教育科学文化機関(UNESCO)、世界銀行と協同で2020年4月5日~5月15日に世界126カ国1,350以上の技術・職業教育訓練の提供者、政策策定者、社会的パートナーである労使団体を対象に新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的大流行の影響と対策に関するグローバル調査を行いましたが、この度、得られた結果をまとめた新刊書を発表しました。調査からは職業訓練や見習い研修計画がコロナ禍によって深刻な打撃を被っている現状と同時に様々な革新的な取り組みが生まれていることが示されています。

 2021年2月1日に開かれた3機関共催のオンラインセミナーで発表された『Skills development in the time of COVID-19: Taking stock of the initial responses in technical and vocational education and training(新型コロナウイルス(COVID-19)の時代における技能開発:技術・職業教育訓練の初期対応現状評価・英語)』は、多くの国や訓練提供者が危機によってもたらされた制約に対応する準備が十分できていなかったものの、一部は迅速に遠隔学習に移行したことを示しています。調査回答者の大半が企業閉鎖によってとりわけ仕事ベースの学習を中心とした訓練の中断、認証試験や評価の中止を報告しています。しかしながら、危機突入後に指導と学習における革新的な取り組みが登場し始めたことも記録されています。

 技術・職業教育訓練は配管工や電気技術者、販売員、会計士、プログラマー、銀行員など幅広い雇用選択肢に関連した様々な技能レベルの教育訓練を提供しています。訓練プログラムは実地の実践的なものであるという性格上、特別の課題に直面しています。
新型コロナウイルスの流行が始まった時点で機材や接続性、遠隔学習用のソフトウエアやプラットフォーム、教育リソースが十分であった国や訓練提供者はほとんどありませんでした。加えて、学生・生徒や指導員も当初はほとんどが技術・職業教育訓練サービスの適応を図り、利用できるデジタルスキルを欠いていました。

 遠隔指導への切り替えは体験学習のプロセスを経ることとなり、ハイテク解決策からローテクあるいは技術に頼らない解決策まで柔軟な学習・評価選択肢が発展したことが示されています。これにはコンゴ民主共和国やマダガスカル、パキスタンなど数多くの国で見られた、全国的テレビ放送などのインターネット以外のプラットフォームを利用した実践的な知識の普及、自分のペースで進められる学習ガイドやバーチャル技能評価の開発などが挙げられます。学生が自宅で手がけた実習課題を動画や写真に撮影し、バーチャル・プラットフォームにアップロードする方法が取られている国もあります。

 教員や不利な立場にある学習者に対するデジタル機器の支給など、新たな官民パートナーシップも生まれています。将来的なショックに対する技術・職業教育訓練制度のより良い備えを確保するために、新たな政策措置が採用された国もあります。

 しかしながら、報告書はコロナ禍の中で技術・職業教育訓練提供者の3分の2以上で完全に遠隔方式で訓練を提供していることが報告されている一方で、低所得国でそのような転換ができた国はほとんどなかった点を指摘し、情報格差を克服する適切な措置が講じられない限り、オンライン遠隔学習の態様や基盤構造に関連したアクセスの問題は不利な立場の学習者を置き去りにするリスクをはらんでいると警鐘を鳴らしています。

 訓練提供者や政策策定者その他の利害関係者は今や、将来的な危機の際にも訓練を提供し続けることができるように技能訓練制度の強靱性や備えを改善する措置を実行することの重要性に気付き始めています。

 5章構成の本書は、序章に続く第2章で新型コロナウイルスの世界的大流行が技術・職業教育訓練に招いた混乱に焦点を当てた後、第3章で技術・職業教育訓練提供者の対応を分析し、第4章で各国の政策や措置など、制度レベルでの対応を点検し、終章で調査分析から導かれた主なメッセージをまとめ、危機時及びそれ以降における技術・職業教育訓練の回復と備えを確保するための一連の政策提案を示しています。付録として、調査回答者が挙げた、技術・職業教育訓練機関にとって有用な遠隔学習資料を掲載するウェブサイトの一覧も含まれています。


 以上はジュネーブ発英文記者発表の抄訳です。