第14回アフリカ地域会議

アフリカにおける仕事の未来の形成に向けた行程表について加盟国が公約

記者発表 | 2019/12/06
会議のまとめ(英語・2分10秒)

 アフリカのILO加盟国54カ国中49カ国から41人の大臣を含む政府、労使団体の代表400人近くが出席して2019年12月3~6日にコートジボワールの首都アビジャンで開かれた第14回アフリカ地域会議は包摂的な成長に向けてアフリカの潜在力を解き放ち、社会正義を伴った仕事の未来を形成するために人間を中心に据えて仕事の未来に向かうことを呼びかける宣言を採択して閉幕しました。

 「社会正義の前進:アフリカにおける仕事の未来の形成」と題するアビジャン宣言は、経済成長、貧困削減、賃金、教育の点で、2015年に開かれた第13回会議で採択されたアディスアベバ宣言以降に達成された改善を認め、「若く精力的な人口が大部分を占め、天然資源も豊富なアフリカには、さらなる成長の有望な潜在力が秘められている」としつつも、「変革過程を加速化する必要性」を認め、不平等、失業及び不完全就業、若者の就労、児童労働・強制労働、移住、社会的保護、気候変動などの分野に深刻な懸念が残ると記しています。そして、今年6月に開かれたILO総会で採択された「仕事の未来に向けたILO創設100周年記念宣言」が示す手立てを土台とし、以下の五つの中核的な優先事項に焦点を当ててアフリカでディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を全ての人に実現する取り組みの形成を呼びかけています。

  1. ◇ディーセント・ワークをアフリカの若者の現実とすること、◇アフリカのより明るい未来に向けて技能、科学技術の道、生産性を育むこと、◇非公式(インフォーマル)経済及び農山漁村経済をディーセント・ワークに向けて変容させること、◇国際労働基準の尊重、◇社会対話と男女平等の促進
  2. 誰もが変化する仕事の世界の機会から受益できることを目指した全ての人の能力強化
  3. 働く全ての人の適切な保護の確保に向けた仕事に関連した制度・機構の効率性強化
  4. 包摂的で持続可能な経済開発と成長、完全雇用、生産的な雇用、職業の自由な選択、全ての人のディーセント・ワークの促進
  5. ILOとアフリカ内の諸機構の活動の相乗効果を強めること

 宣言はまた、教育訓練投資、男女不平等・差別対策、若者の権利確保、社会的保護の拡大、民間セクターによる経済成長と雇用創出に対する支援、ディーセント・ワークに向けた生産性と科学技術路線の促進、起業家精神の育成、国境横断的なものを含む社会対話などを提案しています。

 ガイ・ライダーILO事務局長は、宣言について「今後の私たちの取り組みを導く行程表」を提供するものとして、その採択を歓迎しました。そして、「人々の能力強化、仕事に関連した制度・機構、包摂的で持続可能な経済開発と成長、完全雇用、生産的な雇用、職業の自由な選択、全ての人のディーセント・ワークへの投資の必要性」を強調することによって、「仕事の未来に向けたILO創設100周年記念宣言」と密接に同調していることに注意を喚起しました。さらに、今回の地域会議は「ILOの仕事の未来に関する100周年記念イニシアチブと100周年記念宣言をアフリカの現実に移し替え、その運用のために必要な手引き」を提供することによって基本的な目的を達成したと評価しました。アフリカが直面している仕事の未来における課題に関しては、ILOが過去100年にわたって堅守してきた原則と価値を政労使が強く奉じることによって乗り越えることができようとの見通しを示しました。

 会議の議長を務めたコートジボワールのパスカル・アビナン雇用・社会的保護大臣は、閉会挨拶で、アフリカの仕事の世界は困難かつ重要な課題に直面していることを挙げ、「強い政治的意思と活動調整」の必要性を説きました。大臣はそのための活動分野として、「若者にディーセント・ワークの機会が開かれるよう訓練を提供すること」と「絶えず持ち上がる問題に対する答えを提供する労働基準の効果的な実施」の二つに光を当てました。

 ILOは2021年に予定される中間点検に先立つ2020年3月の第338回ILO理事会にアビジャン宣言の具体的な実行計画を提出するよう求められました。

 地域会議では複数のテーマ別パネル討議が開かれました。会議のホスト国を務めたコートジボワールのアラサン・ウワタラ大統領を代理して「私たちが望むアフリカの仕事の未来」と題する大統領主催パネル討議に出席したダニエル・カブラン・ダンカン副大統領は、コートジボワールの経済と労働市場に関する見解を述べました。

 2019年はILOの創立100周年であるだけでなく、ナイジェリアのラゴスにアフリカ初のILO現地事務所が開設されてから60周年にも当たります。地域会議の開催は、この記念すべき年の締めくくりにふさわしい出来事でした。


 以上はアビジャン発英文記者発表の抄訳です。

 会議の主な流れは、で随時発信されました。