ILO創立100周年

ILOを南米に紹介:アルベール・トーマILO初代事務局長の長大な旅

 ILOの100年の歴史を振り返る広報記事の第5弾として、日本から欧州まで約50日かかっていた時代に、ILOとの距離を縮めるために世界中の加盟国を精力的に回って歩いたアルベール・トーマILO初代事務局長の南米への旅を取り上げます。

 アルベール・トーマILO初代事務局長は1928年には日本も訪れるなど、世界中の加盟国を精力的に訪れてILOとの距離を縮めるよう努力しました。1925年6月30日にはフランス南東部のマルセイユから遠洋定期汽船のアルシナ号に乗って、ILO創設メンバーであったブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、チリといった南米4カ国を巡る70日間の旅に出発しました。旅の目的は、創設メンバーでありながら遠方のジュネーブの会議にはあまり出席しなかったこの4カ国をもっと密接にILOの活動に関与させること、そして既に25本になっていた条約の批准を迫ることでした。

 トーマ事務局長は政労使代表と会合をもち、これらの国の労働市場や労使団体の機能に大いに関心を示し、面談、会合、旅程、さらには景色やワインに関する感想までも含み、事細かに日記に記録しました。

 「グロリア・ホテルの高みからリオデジャネイロの素晴らしい湾を望むことができます」。1925年7月15日の南米第一夜の記録にはそう書かれています。汽車でサンパウロに向かったトーマ事務局長の日記には、工業地帯や移民用宿泊施設に関する記載があります。


 再び長い列車の旅を経て到着したモンテビデオでは、ウルグアイの労働関連制度を賞賛し、「監督官が43人もおり、うち23人が首都で勤務している」と記しています。

 次にブエノスアイレス近郊に向かい、7月30日の明け方に到着しました。日記ではアルゼンチンを「欧州風の工業国」と評し、「ストックホルムやベルリン、バルカン諸国と同じような困難が見られる」と記しています。

 次に西にチリに向かい、ロサリオ、コルドバ、メンドーサを訪れました。ゆっくりとしたアンデス山脈横断の際にはチリをつぶさに研究する機会に恵まれました。サンティアゴでアルトゥーロ・アレッサンドリ大統領と会談した後、銅鉱山やコンセプシオン及びバルパライソの町を訪れました。

 日記には4カ国全てで政府にILO条約の批准を迫ったと記されています。旅の終わり頃にはこの努力が報われ、中南米で初めてのこととして、チリ政府から8本のILO条約を批准するとの良い知らせが届きました。

 しかしながら、トーマ事務局長は誰もが自分の訪問を喜んでいるわけではないことに気づいていました。労働者階級から裏切り者と非難されたことについて、日記で「答える余地を与えてもらえないほどに侮辱され、中傷された」と嘆いています。

 8月12日に長い帰国の旅を始め、アルゼンチンを通って遠洋定期汽船のルテティア号に乗船しました。

 1925年にこの出張について報告したILOの定期刊行物『International labour review(国際労働評論・英語)』誌は、「非常に短い旅」と評し、事務局長が訪れた国々には、「国内法制にまだ一定の欠陥がある」ことを指摘しつつも、やがて「これらの国々で起こる経済発展において社会正義と労働者の福祉が正しい場所を見つけることであろう」との期待を示しています。

 母国フランスで記者を経て、政治家、大臣、大使といった要職を歴任したアルベール・トーマILO初代事務局長は1919年のILO創立年に事務局長に任命され、13年間にわたって世界にILOの存在を強く印象づけた後、1932年に54歳で急死しました。


 以上はジュネーブ発英文記者発表の抄訳です。