ILO創立100周年を記念して24時間世界旅行(2019年4月11日)を実施

世界24カ所で24時間にわたって開かれたILO創立100周年記念イベント(4月11日)のハイライト(4分)

 1919年4月11日にパリ平和会議の本会議においてILO憲章草案とそれを起草した国際労働立法委員会の報告書が承認され、ILOの誕生が決まりました。これを記念して100年後の2019年4月11日に、ILOは世界各地のILO事務所24カ所で開かれる100周年記念イベントを各1時間ずつインターネット経由のライブ配信で接合し、24時間にわたるイベントを開催しました。各地の行事は地元色を加味しつつ、仕事の世界の現在、過去、未来を音楽やダンス、風船、誕生日ケーキなどで彩りながら、ILOの活動の多様性と幅広さを紹介する多文化、多言語、多国家の世界一周旅行を提供するものとなりました。

 この旅は、4月11日グリニッジ標準時(GMT)零時にフィジーのスバで開幕し、アジア、アフリカ、アラブ、ヨーロッパの4大陸を経て、南米ペルーのILO中南米・カリブ総局における行事で幕を閉じました。

 日本時間9時にILO100周年記念ソング「We've got a vision(私たちの描く未来像)」と共に開幕した「伝統的な太平洋式ILO100周年歓迎式典」と題するスバ(フィジー)におけるイベントでは、メラネシアやポリネシアなど11のILO加盟太平洋島嶼国の伝統的な歌と踊りが披露され、地域の政労使や国連常駐調整官など幅広い関係者からメッセージが寄せられました。10時からマニラで始まった「フィリピン:100年、100人の声、ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)に至る一つの道」と題するイベントでは、スター発掘テレビ番組「ゴット・タレント」アジア版の初代優勝者エル・ガンマ・ペヌンブラがILO100周年記念ソングに載せて特別に制作した影絵芝居を演じました。11時からは北京に移り、「分かち合う仕事の未来に向けた共同努力」の標題の下、ILOの歴史、中国における功績を振り返り、今後について語り合う特別祝典が開かれました。ILOアジア太平洋総局があり、週末が旧正月に当たるバンコクで正午に始まったイベントは、「タイにおけるディーセント・ワークに向けた新たなパートナーシップ」と題し、伝統的な水掛祭りを背景に、同国で初めてまとめられたディーセント・ワーク実現のための国別計画が音楽と共に紹介されました。

 毎年、200万人以上の若者が労働市場に新たに加わるバングラデシュで午後1時から始まった「バングラデシュの仕事の未来:課題と機会」と題するイベントでは、ILO現地事務所の所長や専門家らが、人間らしく働きがいのある仕事の創出や自動化、気候変動、グローバル化など、現在及び今後の課題と機会について話し合いました。午後2時から始まった「島のスケッチ」と題するコロンボからのイベントは、スリランカの政労使三者で考えた仕事の未来についての影絵劇、強制労働条約の議定書批准を祝う式典、記念切手の発表、チトラセナ・ダンスカンパニーのダンス、女性だけで構成されたドラムアンサンブルの演奏など、多彩な内容で構成されていました。午後3時から始まったニューデリーにおけるイベントは、「仕事についてインドの若者が語る」と題し、エンターテインメントも交えつつ、若者が職場で直面している様々な課題について意見を表明しました。性別役割の固定観念、同一賃金、安全な労働条件、事業機会、科学技術、ワーク・ライフ・バランスなどが取り上げられました。

 午後4時に舞台はアジアからアフリカに移動しました。トップバッターとなった南アフリカのプレトリアにおけるイベントは、「南アフリカにおける100年間の社会正義を求めた戦い」と題し、文化的催しに加え、ネルソン・マンデラ元大統領を偲びつつ、仕事の未来世界委員会の共同委員長を務めたシリル・ラマポーザ大統領が仕事の未来について語りました。午後5時から開始されたアンタナナリボにおけるイベントは、「マダガスカルの若者と児童労働にスポットライトを当てる」と題し、若者と児童労働に焦点を当てました。大統領も出席したイベントでは、カルチャーショーも交えて、若者が自分たちのディーセント・ワークと児童労働について声を発しました。

 午後6時にはアフリカから欧州へと移動しました。タス通信との協力で実施されたモスクワのイベントは「全ての人のための人間らしく働きがいのある仕事と社会正義」と題し、ロシア連邦議会や石油・ガス会社ルクオイル、カルムイキア、アゼルバイジャン、ウズベキスタン、タジキスタンの諸共和国などを生中継で結び、ILOの功績などを関係者に語ってもらいました。

 午後7時には欧州から中東へと移動しました。「ヨルダンにおける社会正義のためのモザイク」と題するアンマンにおけるイベントでは、首相も出席して伝統的なモザイク壁画の除幕式が行われました。社会正義をテーマとするこの壁画は、障害者の方々がILOの研修を受けて制作しました。午後8時からは「ベイルートにおける音楽の祝典」と題し、ILOアラブ総局があるベイルートからレバノンの歌手アベール・ネハメさんの歌が届けられました。午後9時には「ピラミッドの影における歌」と題し、カイロからも4000年の歴史を有するピラミッドを背景に、エジプトの人気歌手ブシラさんも参加して歌が届けられました。元児童労働者で構成されたエジプト児童合唱団がセリム・サハブ氏の指揮で合唱し、オペレッタも上演されました。

 午後10時からは再び欧州に戻り、ブダペストにあるILO中・東欧国別事務所が主催する「変化の声:ウクライナにおけるILOトークショー」と題するキエフからのイベントで、現地関係者やILOの職員がウクライナにおけるILOの活動の成功と課題について話し合いました。午後11時からはイタリア・トリノにあるILO国際研修センターに移動し、「学習と仕事の未来のためのハッカソン」と題するイベントが開かれました。トリノ市の代表や国連職員、コンピュータープログラマー、グラフィックデザイナーなどが、ネットでつながった世界における仕事と学習のあり方を考えました。

4月11日にジュネーブで開かれた「機能する未来を形作る方法」パネル討議の模様

 翌12日午前零時にはILO本部にあるスイス・ジュネーブに移動し、国際・開発研究大学院を会場に「機能する未来を形作る方法」と題するイベントをフィナンシャル・タイムズと共催しました。1月に発表された仕事の未来世界委員会の報告書を題材に、ガイ・ライダーILO事務局長やリチャード・ボールドウィン国際・開発研究大学院国際経済学教授なども参加して、持続可能で社会正義が実現した仕事の未来を構築する方法について次の100年を見据えてパネル討議が行われました。科学技術や人口動態、気候変動の影響は仕事の世界を大きく変化させていることが示され、変化に対応する上での技能構築の重要性が指摘されました。ライダー事務局長は、仕事の未来に関する議論が行動を惹起することへの期待を語り、望ましい未来を自分たちで構築しようと強調しました。

 午前1時からは欧州連合(EU)のあるベルギー・ブリュッセルに移動し、「若者に焦点を当てた欧州の仕事の未来」と題し、欧州委員会のフランス・ティーマーマンス第一副委員長、欧州労使団体や欧州ユースフォーラムの代表なども参加し、同じく仕事の未来をテーマに討議が行われました。欧州の仕事の未来と若者、欧州連合の今後の方向性と仕事の未来のつながりなどが取り上げられました。

 午前2時からは再びアフリカに戻り、ILOアフリカ総局があるコートジボワールのアビジャンから同じく仕事の未来を巡る討議が届けられました。「アビジャン:社会正義のための100個の風船」と題し、社会正義やディーセント・ワークに関連したテーマについて地元のアーティストが解釈を示し、社会正義風船100個を空に放つデモンストレーションが行われました。

 舞台は午前3時から米州に移りました。トップバッターのブラジルでは北東部の港湾都市サルバドールより「ILOに捧げるきら星のごときブラジルからの賛辞」と題するイベントが届けられました。ユニセフ親善大使のブラジル人歌手ダニエラ・メルクリさんが主演・監督を務める歌とダンスのコンサートが開かれ、劇場には照明が投射されました。午前4時からは「アルゼンチンにおけるディーセント・ワークの感謝の印とタンゴ」と題するイベントがブエノスアイレスから届けられました。タンゴの実演やビデオ上映、働く若者の証言・討議を通じて、アルゼンチンの多様性、同国の仕事の世界が直面している課題や機会が浮き彫りにされました。

 午前5時から始まった米国からの最初のイベントは、「労働は商品ではない」などのILOの基本原則を再確認し、戦後のILOのあり方を定める宣言が1944年に採択されたフィラデルフィアから届けられました。リーハイ大学と共催した「公平で持続可能な仕事の未来」と題するイベントでは、ILO国連事務所の所長や国連のエリオット・ハリス経済発展問題担当事務次長補などが参加し、生涯学習や平等、グローバル・バリューチェーンなどを取り上げ、1日がかりでこのテーマについて語り合いました。午前6時からニューヨークの国連本部で開かれたイベントは、「100周年記念炉辺談話:国連指導陣との会話」と題し、国連のリーダーらが国際体系の中でILOがうまく機能できる方法や持続可能な開発目標(SDGs)へのILOの貢献について論じました。国連で開かれている主なILO100周年記念イベントをまとめた動画の上映も行われました。

 午前7時から始まったメキシコシティからのイベントは、「メキシコにおけるILOのためのアートと歌」と題し、歌と踊りが届けられました。伝統的なものから現代的なものまで短い舞台芸術作品が上演され、若手歌手がILO100周年の歌を歌い、現地ILO事務所の所長がジャーナリストらと懇談しました。トリを飾ったのは「目で見るディーセント・ワークの饗宴」と題するリマのILO中南米・カリブ総局のイベントです。ペルーの政労使三者の立ち会いの下、総局が入る建物全体を覆った壁画の除幕式が行われました。ディーセント・ワークをテーマとして制作されたこの壁画は、次の100年間の仕事の世界を構築する人々の目に過去の業績を永久に刻み、インスピレーションを与えることを目指しています。