応募締め切り 3月11日(月)12時

ILO駐日事務所インターンシップ募集のお知らせ

ニュース記事 | 2019/02/19
ILO駐日事務所では、主にILO創立100周年記念事業労働雇用大臣会合を含むG20TICAD7に関わるリサーチ・広報・運営活動をお手伝いいただくインターンを3名ほど募集しています。このインターンシップはILO駐日事務所での実地業務を通して、ILOの活動全般の理解を深める貴重な経験の機会を提供します。インターンシップ経験者には、現在、国際機関等で活躍している人も多くいます。皆さんの応募をお待ちしています!

ILOインターンシップの詳細と、修了者レポートは、 こちらをご覧ください。

【期間】2019年4月から2019年12月までの3~6か月(週2.5日~5日 出来れば5か月以上を希望。応相談)

【勤務地】 ILO駐日事務所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学本部ビル8階 (業務時間は原則9:30-17:30)

【職務内容】 1) SNSでの発信を含む広報活動全般。  2) 調査、発表・広報資料や記事・出版物の下書き/翻訳、  3) 特にILO100周年記念事業、G20、TICAD7に関する関連イベントの準備・運営・アドボカシー、その他事務などの補助をしていただきます。

【応募資格】  
  • 原則、大学院在籍中および同等の研究・研修機関在籍であること。既卒1年以内の方も可。
  • 日本語、英語(加えてフランス語尚可)での業務が可能な方。
  • 労働、経済、法律、社会開発(特にジェンダー分野)、国際協力、広報活動などに関心がある方。
  • MS Office(特にExcel、PowerPoint)、SNS(特にTwitter)などの使用が可能なこと。
  • 特に広報、イベント運営の経験者の応募を歓迎します。
【待遇/手当】月額10万円(週5日の場合)。通勤手当なし。

【応募締切】2019年3月11日(月)12:00(日本時間)

【応募方法】メールの表題に、“ILO Internship Programme”  と記載の上、tokyo@ilo.org 宛てに履歴書(日英両方、書式自由、顔写真付)、志望動機、インターンシップ希望開始時期を書いた英文カバーレターを添えてお申し込みください。書類選考後、面接にショートリストされた候補者のみに面接の通知をします。個別の問い合わせには原則応じられませんのでご了承ください。
選考後、インターンとして採用が決まった方は、大学院および同等の研究・研修機関在籍、もしくは終了を証明する文書(学生証のコピー、成績証明書など)を提出していただきます。

皆さんの応募をお待ちしています!