ビジネスのためのヘルプデスク

多国籍企業局 (Multinational Enterprises and Enterprises Engagement Unit) が運営しています。

 


ILOビジネスのためのヘルプデスクは、企業の経営者及び、職員に、国際労働基準により良く整合した事業展開や、良好な労使関係を築いていただくための情報を一括して提供するサービスです。


多国籍企業及び社会政策に関する原則の三者宣言』と『労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言』はILOの主要文書であり、社会政策や責任ある労働慣行についての企業向けガイダンスです。

ILOビジネスのためのヘルプデスクでは、『多国籍企業及び社会政策に関する原則の三者宣言』の中で取り上げる労働に関する幅広いテーマに沿って、情報を提供しています。ILOの資料、ツール、Q&Aコーナーのほか、次のリンクも皆様のお役に立つ情報として提供していますので、ぜひ活用下さい。


「ビジネスと人権の世界的な潮流~労働­CSRの視点から」
およそ
­150名の企業、労働組合関係者等の参加を得て開催された
ILO・労働CSRセミナー「『ビジ­ネスと人権』の新しい展開と労使の課題」2016222日)の中で、ビデオ講演を行うジュネーブのILO本部ギータ・ローランス多国籍企業局長。

企業の社会的責任や社会政策に関するそのほかの情報は、多国籍企業局
のウェブサイトをご参照下さい。

ILOヘルプデスク・ファクトシート一覧
 

1.ILOと企業の社会的責任

2.『多国籍企業及び社会政策に関する原則の三者宣言』について(入門編) 

3.『多国籍企業及び社会政策に関する原則の三者宣言』について(詳細解説)

4. 『労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言』についての解説

5.職場における差別の撤廃について

6. 労働者に提供する住居について

7. 農園労働の雇用に関する国際労働基準について