会議の模様が視聴いただけます。

ILOウェビナー:コロナ禍の今、雇用とディーセント・ワークは平和と社会的結束にいかに貢献するか。

ILOは、平和構築支援事務局(PBSO)、スイス政府と連携して、特にCOVID-19危機への対応において、平和構築、社会的結束、社会正義に対する雇用とディーセント・ワークの重要な貢献について議論するためのバーチャルイベントを開催しました。

本バーチャルイベントは、ガイ・ライダーILO事務局長も出席して行われます。開会にはオスカー・フェルナンデス=タランコPBSO事務局長、フェリックス・バウマン在ジュネーブ国際機関スイス政府代表部次席代表が出席されました。またパネリストには、2019年に横浜で開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に出席され、ILOサイドイベント「ILO仕事の未来とハイレベルダイアローグーJobs4Youth:若者と仕事」のパネリストとしてもご参加いただきました、ママン・サンボ・シディコウG5 サヘル常駐代表も出席いたしました。*2019年8月29日開催ハイレベルダイアローグ報告書については、こちらをご参照ください。
 
会議の模様については、こちらより視聴できます。