ILOと東京2020組織委員会との協力

このパートナーシップは、企業がCSR(企業の社会的責任)を通じてディーセント・ワークの促進においてポジティブな役割を担うよう奨励するものです。これに基づき、以下のような協力活動が予定されています。


•労働CSRに関する啓発活動
•大会のデリバリーパートナー(スポンサー、サプライヤー、ライセンシーなど)間における好事例の普及
•セミナーやワークショップの開催を通じた大会デリバリーパートナーのディーセント・ワークを前進させる能力の向上
•大会デリバリーパートナーによる社会的責任ある労働慣行の実践を助けるツールの頒布

東京2020組織委員会との協力に関する覚書締結について

合意書締結に関するプレスリリース
合意に関するプレスリリース

ハンドブックと事例集が完成しました



サステナビリティー・フォーラムの開催

企業の社会的責任ある労働慣行に関する啓発のため、ILO主催、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会協力の下でサステナビリディー・フォーラムを開催しました。

第1回サステナビリティー・フォーラム (2017年9月21日開催)
概要 報告書 基調講演動画(動画サイトへ移動)

第2回サステナビリティー・フォーラム (2018年10月17日開催)
概要 報告書 発表資料 

東京 2020 大会スポンサーからのメッセージ

第3回サステナビリティー・フォーラム(2019年9月18日開催)
概要 報告書 発表資料

インタビュービデオ:ILO労働安全衛生専門家による暴力・ハラスメント条約(第190号)の解説