基準適用監視機構

条約勧告適用専門家委員会

 ILOの条約・勧告の適用状況を審査する委員会の年次定期会合。任期3年の20人の委員は様々な国籍の高名な法律の専門家で構成されています。日本からは現在、立命館大学法学部の吾郷真一教授(前九州大学法学部教授)が2015年から委員を務めています。委員会では、各国政府、労使団体から寄せられた批准条約の適用、総会で採択された条約・勧告の権限ある機関への提出、理事会から要請された未批准条約・勧告、非本土地域への条約適用に関する報告・情報が検討され、その結論は来年のILO総会に報告書として提出されます。下記の委員会のページからは、過去の全ての報告書電子版を閲覧できます。検索機能のついた国際労働基準データベースNORMLEXには過去約30年分の情報が収録されています。