若年雇用



世界中で、6400万人以上の若者が失業し、1億4500万人の若者が貧困生活を送っています。若年雇用の問題は、いまだ世界的な問題であり、最大の政策課題です。
ILOは長年にわたり、若者がディーセント・ワークを確保する機会の促進に向けて取り組んできました。ILOの若年雇用に関する活動は、仕事の世界において重要な役割を担う政労使と共に、アドボカシー、知識開発と普及、政策・技術的助言、能力構築サービスに及んでいます。

ILO本部サイト Youth Employment