荻野目洋子さんの活動

ILO駐日事務所は歌手の荻野目洋子さんと協力して、「STOP! 児童労働」キャンペーンを実施しています

荻野目さんは2021年12月からILOの主要な活動目標のひとつ、児童労働のない世界を目指して楽曲制作・提供や「出張授業」を通じた啓発活動を行っています。

物心がつかないうちから働く子どもたちがいる。危険な農薬を扱って身体に支障が出たり、学校に行けなかったりするー。 ILO職員だった父親の影響で労働に関する世界の課題に関心を持ちながら育ったという荻野目さんは、自分の声を通してそんな世界の現状を訴えたいと話します。

荻野目さんがキャンペーンのために作詞・作曲した「宝石 ~愛のうた」には「どの国に生まれても、どんな環境に住んでいても人間一人一人の大切な命は宝」という思いが込められています。ページ下のミュージックビデオとメイキング映像も合わせてご覧ください。
 
◇◇◇
荻野目さんのこれまでの活動は右のリンクからご覧ください。