児童労働 最近の動き

2013年9月、ILOは児童労働に関する報告書「児童労働に対する取組みの進展」"Making progress against child labour" 日本語版概要 を発表しました。 

また、同年10月8~10日、ブラジルの首都ブラジリアで第3回児童労働世界会議(153ヵ国から1300人以上が参加)が開催され、最悪の形態の児童労働を2016年までに撲滅する目標に向けた今後の取組みの方向を示すブラジリア宣言が採択されました。

こうした世界の動きを受けて、ILO駐日事務所は、日本における「児童労働にレッドカード」キャンペーンを開始しました。これは、より多くの日本の皆さまに、児童労働問題への関心をもっていただくため、ILOが世界中で展開しているキャンペーンを日本でも広げようとするものです。東京でのキックオフ・イベント(2013年11月)の模様についてはこちらをご覧ください。

児童労働にレッドカードキャンペーン 
  1. フォトコラージュ1
  2. フォトコラージュ2
  3. フォトコラージュ3
  4. フォトコラージュ4
また、日本でのレッドカード・キャンペーンと並行して、日本ILO協議会(日本におけるILO活動を支援するNPO法人)では、ILOの児童労働撤廃国際計画(IPEC)を支援する基金への募金活動を行っています。日本ILO協議会はこちらをご覧下さい。