労働安全衛生世界デー

強固で強靱な労働安全衛生環境が必要

 新型コロナウイルスの世界的大流行は職場における安全と健康に大いに影響を与えています。2021年の労働安全衛生世界デー(4月28日)に際して発表した動画メッセージで、ガイ・ライダーILO事務局長は予防と危機からの回復には強固で強靱な労働安全衛生環境が必須と説いています。

声明 | 2021/04/28

 新型コロナウイルスの世界的大流行は職場における安全と健康に大いに影響を与えています。2021年の労働安全衛生世界デー(4月28日)に際して発表した動画メッセージで、ガイ・ライダーILO事務局長は予防と危機からの回復には強固で強靱な労働安全衛生環境が必須と説いています。

* * *

 新型コロナウイルスは働く人々の安全と健康に深い影響を与えています。保健医療やソーシャルケアに従事する労働者など、仕事の性格上、危険度が高い労働者も存在しますが、働く全ての人々にとって、新型コロナウイルスは単なるウイルスそのものへの感染以上の脅威を提示しており、仕事に関連したストレスや暴力、ハラスメントの増加が目撃されています。ウイルスの世界的な流行を抑えるために講じられた措置の幾つかは新たなリスクを生み出しました。精神衛生上の問題や心理社会的問題、人間工学的な危害や化学物質による危害が増え、ほかの深刻な健康問題の治療の遅れも増大しています。

 コロナ禍の当初から、政府、企業、労働者は職場における感染その他のリスクに対処する措置をもって危機に素早く対応しました。国際労働基準は労働者の保護とディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の保護の両方に関して重要な手引きを提供しています。

 多国間協力に支えられた強固で強靱な労働安全衛生環境の私たち全てにとっての重要性がこれほど明確に示されたことはなかったでしょう。

 4月28日の労働安全衛生世界デーは、強固な労働安全衛生の仕組みが必要な理由、そしてそれが国際的な危機対応に正しく組み込まれなくてはならない理由を私たちに改めて思い起こさせてくれています。この仕組みは私たちのコロナ禍対応の基盤となってきました。将来の危機に備えるにはこの仕組みに対する投資が必要不可欠となるでしょう。