5つの主要なILOプログラム

ILOは、多くのこれまでの技術プロジェクトを5つの主要なプログラムとしてまとめました。政労使との開発協力の効率性と影響力を、世界規模で高めることを目的としています。

 

 

  • ベターワークプログラムは、グローバルな衣料産業、履物製造業の労働条件と、企業の競争力向上に役立っています。このプログラムでは、企業による労働法遵守の強化を促し、各国政労使が労働市場ガバナンスにおいて、これまで以上に強い役割を果たすことができるよう支援しています。 

概要説明-「ベターワークプログラム」について

 

  • すべての人に社会的保護の土台」の実現に向けたプログラムは、社会的保護が部分的に適用されている、または全く適用されず尊厳が守られないまま生きている50億人の人々への社会的保護を拡充する活動です。 

概要説明- 「社会的保護の土台」をすべての人にについて

 

  • IPECプラスは、児童労働や強制労働の撲滅に向け取り組んでいる各国に対して、しっかりとした、根拠に基づいた政策的アドバイスを提供することを目的としています。 

概要説明-「IPECプラス」について 


  • 労働安全衛生に関する、防止のための世界行動計画は、防止を世界的な慣習として強化することを通して、中小企業の労働者らの安全衛生向上を図ることを目指しています。 

概要説明-「労働安全衛生に関する、防止のための世界行動計画」 について


  • 平和と強靭性強化のための雇用プログラムでは、紛争地域や災害の起こりやすい地域において、とりわけ若年層の雇用創出に焦点を当てています。 

概要説明-「平和と強靭化のための雇用プログラム}について