ILO Home
International Labour Organization
Branch Office: Tokyo

ENGLISH

第15回ILOアジア太平洋地域会議
(京都・2011年12月4〜7日)

 アジア太平洋地域内のILO加盟国中38カ国より410人以上の政労使代表が参加し、京都で開催された第15回ILOアジア太平洋地域会議は、雇用とディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)への支援を、力強く持続可能でバランスの取れた成長と開発のための政策の中心に置くべきことに合意する結論を採択して12月7日に4日間の日程を終えました。会議では、現在見られる経済の不確実性の結果にこの地域が備えるための方法について幅広い話し合いが行われ、政府及び労使団体の関与、実効的な社会対話、団体交渉の促進を伴い、ILOのグローバル・ジョブズ・パクト(仕事に関する世界協定)を基礎とした、公平で仕事を豊かに生む成長を促進する政策集合が提案されました。生産性向上を生活・労働条件の改善、所得向上、ディーセント・ワークの機会拡大の基礎とすべきことも求められました。世界的な経済情勢の悪化に取り組む準備態勢を改善する措置としては、持続可能な企業と雇用集約的投資への支援、最低賃金制度の整備、効果的な社会的保護の床の構築、よりグリーンな成長とグリーン・ジョブの促進、若年雇用及び労働力移動に係わる問題に対処する政策などが挙げられました。労働者側から提出されたフィジーの労働組合の状況に関する決議も採択されました。

 開会式では野田首相の演説も行われました。会議の議長は小宮山洋子厚生労働大臣、副議長はアラブ首長国連邦のサクル・ゴバシュ労働大臣(政府側)、韓国経営者総協会の金榮培副会長(使用者側)、日本労働組合総連合会(連合)の桜田高明国際顧問(労働者側)が務めました。他に、東チモールのジョゼ・ルイス・グテレス副首相、アラブ労働機構(ALO)のアハマド・ルクマン事務局長、東南アジア諸国連合(ASEAN)のスリン・ピッスワン事務総長の基調講演も行われました。

第15回ILOアジア太平洋地域会議ロゴ


会議会場

国立京都国際会館
〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池
Tel: 075 705 1234
Fax: 075 705 1100
アクセス

お問い合わせ先:

ILOアジア太平洋総局(英語)
Tel: +(66 2) 288 2234
Fax: +(66 2) 288 3062
Email: bangkok@ilo.org

ILOアラブ総局(英語・アラビア語)
Tel: +(961 1) 75 2400
Fax: +(961 1) 75 2405
Email: beirut@ilo.org

ILO駐日事務所
Tel: 03 5467 2701
Fax: 03 5467 2700
Email: tokyo@ilo.org

プログラム及びパネル>>

テーマ別パネル

特別セッション

日本政府主催厚生労働大臣特別セッション

背景資料
報告書・採択文書>>

討議資料:事務局長報告

会議報告書 採択文書
会議出席者用資料
メディアセンター>>

記者発表

ILO事務局演説

広報資料
最終更新日:2013年7月8日 作成者:EU 責任者:KK