« 検索結果一覧に戻る  
ガラス繊維ICSC: 1769
6月 2012

  一次災害 予防 消火活動
火災・爆発            

   
  症状 予防 応急処置
吸入      
皮膚      
     
経口摂取      

漏洩物処理 分類・表示
 

国連GHS判定基準に準拠

 

輸送
国連分類
 

貯蔵
 
包装
 
ガラス繊維 ICSC: 1769
物理学的・化学的情報

物理的状態;外観
 

物理的危険性
 

化学的危険性
 


 


暴露・健康への影響

曝露経路
 

短期曝露の影響
 

吸入の危険性
 

長期または反復曝露の影響
 


許容濃度
 

環境
 

・合成ガラス繊維は、アルミニウムやケイ酸カルシウムを含む繊維性の無機物質のグループであり、岩、泥、スラグやガラスからできている ・結晶性の分子構造を持たないため、これらの繊維はアスベストのような天然の鉱物繊維とは異なる ・合成ガラス繊維は3つの種類に分類される:(1) グラスウール(ICSC番号 0157)および連続フィラメント(繊維製品)ガラスを含むガラス繊維;(2)ロックウール(ICSC番号 0194)およびスラグウール(ICSC番号 0195)を含むミネラルウール;(3) 耐火セラミックファイバー(ICSC番号 0123) 

付加情報
  欧州分類
 

ILO, WHOおよびEUは、翻訳の質や正確性、あるいは本翻訳版の使用に関して責任を負うものではない。
© 日本語版、国立医薬品食品衛生研究所、2018