« 検索結果一覧に戻る  
ラドンICSC: 1322
11月 2001
CAS登録番号: 10043-92-2
国連番号: 2982
EINECS番号: 233-146-0

  一次災害 予防 消火活動
火災・爆発 不燃性。        周辺の火災時には、適切な消火剤を使用する。   

 作業環境管理を厳密に!  
  症状 予防 応急処置
吸入 「長期または反復曝露の影響」参照。  換気、局所排気、または呼吸用保護具を使用する。   
皮膚      
     
経口摂取   作業中は飲食、喫煙をしない。   

漏洩物処理 分類・表示
・換気
・個人用保護具:自給式呼吸器
 

国連GHS判定基準に準拠

 

輸送
国連分類
国連危険物分類(UN Hazard Class):7 

貯蔵
 
包装
 
ラドン ICSC: 1322
物理学的・化学的情報

物理的状態;外観
無色の気体。 

物理的危険性
 

化学的危険性
 

化学式: Rn
原子量: 222
・沸点:-62℃
・融点:-71℃
・密度:9.73 g/l
・水への溶解度 (20℃) :22.2 ml/100ml  


暴露・健康への影響

曝露経路
体内への吸収経路:吸入。 

短期曝露の影響
 

吸入の危険性
 

長期または反復曝露の影響
人で発がん性を示す。 「注」参照。 


許容濃度
 

環境
・自然放射線の発生源である
 

・ラドンは、ウラニウム→ラジウム→ラドンの放射性崩壊によりできる
・ラドンの影響は、主として放射性崩壊生成物の「吸入」による
・気道への沈着パターンは、微粒子への付着の有無による
・曝露の程度によっては、定期検診が必要である 

付加情報
  欧州分類
 

ILO, WHOおよびEUは、翻訳の質や正確性、あるいは本翻訳版の使用に関して責任を負うものではない。
© 日本語版、国立医薬品食品衛生研究所、2018